火葬後の供養について考える

火葬後の供養について考える

火葬後の供養について考える 大切なペットとの別れのときは必ず訪れます。地方では所有地などに土葬することもありますが、最近ではほとんどペット火葬業者を利用して荼毘にふすというのが主流になっているようです。
ペット火葬が終わったとは、供養をどのように考えるかという問題に直面することになります。
方法にはいくつかの選択肢があり、骨壷に入れて自宅で保管しておく方もいます。大切なペットをいつまでも家族の一員として忘れないように、敢えて墓地などに埋葬しないというわけです。
他方で住宅事情やきっちりした宗教施設などで弔ってあげたいとのニーズも昨今では強くなっています。本来であれば人の遺骨を対象にする宗教施設も、少子高齢化などの影響でペット専用霊園などを運営することも珍しくなくなってきました。
ペット専用霊園には、個人で区画を購入するスタイルと、永代供養墓や樹木葬などの集団埋葬というスタイルに大別できます。費用面では明らかに集団埋葬する方式のほうがリーズナブルに済みます。

ペット火葬はスタッフの相性で決める

ペット火葬をお願いする時はスタッフの相性で決める 大切なペットが亡くなってしまった時、家族は深い悲しみの底にいます。だからといっていつまでも気分を落としているだけではいけません。しっかりと大切な家族を見送ってあげなければ、浮かばれないからです。
現在ではペット火葬を行っている企業がたくさんありますが、どこを選べば良いのかは意外と難しい問題です。そんなときにはきちんと話をして、ここなら任せられると安心できるところを選ばないといけません。
中でも大切になってくるのは、スタッフとの相性です。大切なペットを送るのに、親身になって話を聞いてくれる人でないならがっかりですし、一緒に作業を行う気にもなれません。
共に悲しむ姿勢を見せてくれ、残された人の気持ちに寄り添うスタッフなら、安心して任せることができます。
ペット火葬にはたくさんのプランが存在していますが、どれを選ぶのかと同じく大切なのは、親身になって考える心遣いです。どれだけ優れた方法でも、心がこもっていなければ残念な気持ちになることがあります。

新着情報

◎2022/9/5

情報を更新しました。
>ペット火葬が不可能な葬儀場かどうかは事前に確認が必要
>ペット火葬を行う場合火葬許可証が必要かどうか信頼できる業者を選ぶ基準
>ペット火葬のトラブル回避のために業者の対応を調べることも必要
>今や当たり前のペット火葬のメリットについて
>ペット火葬のデメリットはどのような点なのか

◎2021/7/2

火葬後の供養について考える
の情報を更新しました。

◎2021/4/1

便利な出張サービス
の情報を更新しました。

◎2021/1/5

畜犬登録された犬は死亡届を忘れずに
の情報を更新しました。

◎2020/10/15

サイト公開しました

「ペット 供養」
に関連するツイート
Twitter

犬や猫のペットが亡くなったらいつまでに火葬するべき?適切なタイミングと正しい安置方法を解説 | 愛ペットグループの『ペット供養大百科』

犬猫以外のペット供養とは?

HPに新しい

漏水部屋(7ヶ月になる) 保険金が振り込まれているもよう 手を着けていなかったが必要不必要の仕分を初めなければ 先ずは、ペットのお仏壇、お位牌、自作のお地蔵様等の閉眼供養の日取りを家人と相談📿 何だかんだ、、、とても寂しくなる、、、

【おはようございます】 2/25(日)手元供養ドットコムでは、こんなペット用品もご用意しております