ペット火葬なら当サイトにお任せ!

ペット火葬にはどんな種類がある?

ペット火葬にはどんな種類がある? 愛するペットたちも、命あるものである以上いつかは別れの時がやって来ます。
その際、きとんと荼毘に付してあの世へ旅立たせてあげたいと考えるのは飼い主の人情です。
そうした時に助けとなってくれるのが、ペット火葬業者です。
自治体の中にはペットの火葬を受け付ける窓口を設けているところが少なくありませんが、それらの火葬は公営の斎場に遺体を持ち込むのが一般的です。
これに対し、民間の事業者ではニーズに応じたさまざまな形式が選べるのが大きな特徴となっています。
民間のペット火葬の形式としては、大きく分けて斎場での火葬と出張火葬の2種類があります。
このうち後者では、乗用車を改造して炉を取り付けた専用車両を使って、出張先で納棺から拾骨までのすべての儀式が行えます。
自宅で最後の見送りをしたい、という人に適した形式となっています。
また、斎場で火葬する場合も公営の場合は受け付けてもらえるペットのサイズに制限があることが多いのに対し、専用の斎場を持っている事業者の場合は小動物から大型犬までいろいろな種類のペットに対応してくれます。

ペット火葬の費用は体重が重くなるほど高くなる

ペット火葬の費用は体重が重くなるほど高くなる ペット火葬にかかる費用は、ペットの体重ごとに変わってきます。
体重が重くなればなるほど、体格も大きくなるために費用が高くなります。
とはいえ、人間の場合と比較すればそれほど高額なものではありません。
40キロを超えるような大型犬でも5万円前後から可能です。
小さなペットであれば、他のペットと一緒にペット火葬することも可能です。
この場合は費用を抑えることができるでしょう。
ただしお骨を拾うことはできません。
ペット火葬を行った後にお骨を拾いたいという方や、お骨を使ってメモリアルグッズを作りたいという方は、単体での個別火葬となります。
また、訪問火葬や立会い火葬など、火葬方法もいくつかあり、それによっても費用は変わってきます。
ペット火葬業者によっても費用は多少異なりますので、確認してみることをおすすめします。
その際には火葬費のみならず、供養や埋葬・納骨など、他のサービスに発生する費用も含めて、トータルでの費用を比較検討することが大切です。

新着情報

◎2022/9/5

情報を更新しました。
>ペット火葬が不可能な葬儀場かどうかは事前に確認が必要
>ペット火葬を行う場合火葬許可証が必要かどうか信頼できる業者を選ぶ基準
>ペット火葬のトラブル回避のために業者の対応を調べることも必要
>今や当たり前のペット火葬のメリットについて
>ペット火葬のデメリットはどのような点なのか

◎2021/7/2

火葬後の供養について考える
の情報を更新しました。

◎2021/4/1

便利な出張サービス
の情報を更新しました。

◎2021/1/5

畜犬登録された犬は死亡届を忘れずに
の情報を更新しました。

◎2020/10/15

サイト公開しました

「ペット 種類」
に関連するツイート
Twitter

/ メルカリ人気商品✨ \ キャットハウス 猫ハンモック 猫ベッド ペットハウス 猫ハウス キャットカプセル ドームハウス 木製 天然木 無害 丸形 八角形 2種類 遊び場 耐水性 耐湿性 爪研ぎ 天然無垢材 詳細をチェック▼▼▼

ペットの食事のバランスをとるには、ペット種類にあったフードを選び、栄養バランスを考え、食事の量や回数を適切に調整することが大切だよ。

ペット種類や年齢によって適切な量や回数が異なるから、ペットの体調や健康状態に合わせて調整するといいよ。

レオパ飼おうかな あの目と尻尾のプリっと感がいい いろんな種類いるみたいだから今度ペットショップ行こうっと

きわめて温厚な種類ですね→鼻噛まれる流れ草 ペットの仮採用ってあるんだ…飽きたら美味しくいただかれてしまう蛇ちゃん…🐍🐍