畜犬登録された犬は死亡届を忘れずに

畜犬登録された犬は死亡届を忘れずに

畜犬登録された犬は死亡届を忘れずに 通常飼い犬を迎える場合は、生後91日以上であれば畜犬登録を住んでいる市区町村の役所で届け出を行う必要があります。
登録自体は犬の一生に一度で、この時にかかる費用は一頭あたり3,000円かかり、犬鑑札と門標が交付される仕組みです。
それと同時に飼い犬が死亡した場合は、ペット火葬を済ませた後に忘れずに死亡届の手続きを行うようにしましょう。
死亡届を提出することによって情報が抹消されるので、ペット火葬を行ったことで全て終わったと思わないように、忘れないうちに対応を行うようにしましょう。
手続きの方法はお住まいの役所に直接電話をする方法と、犬の死亡届を記入して役所に設置されている環境課または、各出張所に提出を行います。
この変更届用紙は施設にも置いてありますが、記入する時間を短縮したいという場合はホームページから用紙をダウンロードすることも可能なので、自宅で記入した上で提出するという方法をとることも可能です。

小動物のペット火葬で納得できるようにするには

小動物のペット火葬で納得できるようにするには ペットとのお別れにあたり、頼りになるのがペット火葬です。
しかし、思っているような対応をとってくれるとは限らないため、事前に調べておくほうが安心です。
特に小動物のペット火葬を行う場合、遺骨の引き渡しなど納得のいく対応を取って貰えない場合もあります。
単純にお別れするだけでなく、手元に残るものがある状態で送りたいときには、それなりの業者を選ぶことが必要です。
小動物は個体が小さくなりますから、遺灰など戻ってくるものがないことが考えられます。
それで納得して送ることができるのなら良いですが、そうでない場合には業者選びを慎重にすることが必要です。
供養をしたいのであれば、それなりの業者選びをしましょう。
そのためには、いざという時に備えて事前に調べておくほうが安心です。
最近は供養についても様々な形が提案されています。
どのような形でお別れしたいのかをよく考えて、ペット火葬を利用するほうが後悔しないで済みます。

新着情報

◎2022/9/5

情報を更新しました。
>ペット火葬が不可能な葬儀場かどうかは事前に確認が必要
>ペット火葬を行う場合火葬許可証が必要かどうか信頼できる業者を選ぶ基準
>ペット火葬のトラブル回避のために業者の対応を調べることも必要
>今や当たり前のペット火葬のメリットについて
>ペット火葬のデメリットはどのような点なのか

◎2021/7/2

火葬後の供養について考える
の情報を更新しました。

◎2021/4/1

便利な出張サービス
の情報を更新しました。

◎2021/1/5

畜犬登録された犬は死亡届を忘れずに
の情報を更新しました。

◎2020/10/15

サイト公開しました

「ペット 登録」
に関連するツイート
Twitter

あるけみすと 現在の登録者数: 8459人→8570人 ❣本日のアップデート情報📷 ・ペットレースにサブレース追加

大企業重役×ペットショップ店員 完結しました。約1年お付き合い頂きありがとうございました🙇 🔞のため、ぷらいべったーはリスト登録制になっております。 ページ数多くなってしまい切り替えが面倒なので、まとめてさらっと読みたい方はpixivでどうぞ→

ペット専門招待制ショート動画SNSアプリ「PETS」が新登場!先着500名様限定で事前登録受付を12月3日 23:59まで実施

返信先:

返信先: